キヤノンがサプライチェーンの安定化のために国内生産に回帰する方針

【当店限定販売】
 [短時間使用]ZOOM MS-70CDR MultiStompマルチストンプ エフェクター 【当店限定販売】 [短時間使用]ZOOM MS-70CDR MultiStompマルチストンプ エフェクター
MS-70CDR MultiStomp Chorus / Delay / Reverb Pedal | ZOOM, ZOOM MultiStomp MS-70CDR - 86種類の空間系エフェクトだけを収録した , Amazon | ZOOM/MS-70CDR MultiStomp Chorus/Delay/Reverb Pedal -純正 , ギタリスト土屋秀樹の演奏予定と機材レポ(仮)! | SSブログ, Amazon | ZOOM / MS-70CDR MultiStomp Chorus/Delay/Reverb Pedal , ZOOM のマルチストンプ、MS-50G を買ったので使い心地などをちょろっと

※品物到着後のトラブル防止の為、ご不明点はコメント欄にて解決後の購入方お願いいたします。※8月12日〜14日は発送手続き不可です。ZOOM(ズーム) MS-70CDR MultiStomp(マルチストンプ)+AD-16A/Dアダプター+限定ピック付き!自宅のみで短時間の使用、動作確認済み、目立った傷はありません。ZOOM純正のACアダプター付き(2000円相当)なので、電池切れの心配無く使用できます。ネットではACアダプター付きの新品実売価格14500円なので、お買い得です。以下公式HPより引用・コーラス/ディレイ/リバーブなど86種類の空間系エフェクトを搭載・最大6エフェクトを同時使用可能・自由自在のエフェクト・チェイン・呼び出し順をプログラムできる50種類のパッチメモリ・30種類のプリセットパッチを内蔵・フットスイッチで即座に呼び出せるクロマチックチューナー・ディレイタイムやモジュレーションの周期設定に便利なタップテンポ機能・エディットしたパラメーターを自動的に保存するオートセーブ機能・ギター/ベースだけでなくキーボード/サンプラーも接続できるステレオ入力端子・空間系エフェクトのステレオ効果を活かせるステレオ出力端子・ステージなど暗い環境でも視認性の高いバックライト付きLCD・ギグバッグに入る軽量コンパクト設計・単3アルカリ電池2本で、連続7時間のバッテリー動作発送は、元箱に入れてエアパッキンにて保護を行い、その上に送り状を貼り付けて発送いたします。
カテゴリー:おもちゃ・ホビー・グッズ>>>楽器/器材>>>エフェクター
商品の状態:目立った傷や汚れなし
ブランド:ズーム
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:らくらくメルカリ便
発送元の地域:神奈川県
発送までの日数:2~3日で発送

MS-70CDR MultiStomp Chorus / Delay / Reverb Pedal | ZOOM
ZOOM MultiStomp MS-70CDR - 86種類の空間系エフェクトだけを収録した
Amazon | ZOOM/MS-70CDR MultiStomp Chorus/Delay/Reverb Pedal -純正
ギタリスト土屋秀樹の演奏予定と機材レポ(仮)! | SSブログ
Amazon | ZOOM / MS-70CDR MultiStomp Chorus/Delay/Reverb Pedal
ZOOM のマルチストンプ、MS-50G を買ったので使い心地などをちょろっと

ニュースイッチで、キヤノンの生産戦略に関する御手洗CEOのコメントが紹介されています。

キヤノンが国内生産に回帰、御手洗CEOが明かしたその理由

  • キヤノンは2025年12月期までに事務機器を中心に高級機種の生産を国内に移管する方針だ。日本での生産比率を高めることで、サプライチェーンの安定化と円安時代に対応する。

    御手洗冨士夫CEOが日刊工業新聞の取材で明らかにした。「何か起きた時には国内の方が手を打ちやすい。主力製品を徐々に国内生産できるようにする」と述べた。

    海外生産しているのはカメラやプリンターをはじめとした事務機器など。カメラは既に高級機種を国内生産しているという。今後、事務機器でも高級機種を国内生産できる体制を構築する方向だ。

    キヤノンはフルサイズミラーレスカメラや半導体製造装置、個人用のレーザー・インクジェットプリンターの需要が好調。ただ、ロックダウンや部材不足、原材料高の影響で受注残が積み上がっている。国内生産回帰はそうした供給網の課題に対する施策の一つ。

 

数日前に、キヤノンが中国のカメラ工場を閉鎖して撤退するというニュースが流れましたが、この国内生産回帰の動きの一環だった可能性が高そうですね。国内生産への回帰で、カメラやレンズ等の供給不足が発生しにくくなるよう期待したいところです。