キヤノンがサプライチェーンの安定化のために国内生産に回帰する方針

今季一番
 マキタ充電式クリーナー CL107FD 掃除機 今季一番 マキタ充電式クリーナー CL107FD 掃除機
充電式クリーナ CL107FDSHW/株式会社マキタ, 充電式クリーナー CL107FDSHW [紙パック式 /コードレス] マキタ , Amazon | マキタ コードレス掃除機CL107 紙パック式 標準25分稼働/充電 , マキタのコードレス掃除機をレビュー! 掃除しすぎに注意するレベルの , 充電式クリーナ CL107FDSHW/株式会社マキタ, cl107fdの通販・価格比較 - 価格.com

マキタ 充電式 クリーナー 掃除機 10.8V CL107FD 電池 充電機セットになります。出先なので写真は後日添付します。紙パックは新品のものをお付けします。メインの掃除機がありましたのであまり使っておりません。吸い込み部のゴムの部分が少しちぎれています。こちらは取り替え品がフリマサイトでも安く出品されておりますので気になる方は新しい物を別途ご用意下さい。取扱説明書もございますので同梱致します。【メーカー説明】ジャストなサイズ&パワー!さらなる使い心地・隙間に入り込んだゴミもしっかり吸引[吸込み仕事率]パワフル:32W / 強:20W / 標準:5W・腕への負担を軽減する軽量ボディ質量:1.1kg・作業の合間にサッと急速充電充電時間:約22分紙パック式スポンジ付きで高い密閉性を保つ「バルブステーコンプリート」を採用しています。ゴミ捨て時もワンタッチでカバーがオープンするので、手を汚さずに捨てられます。ワンタッチスイッチ手元のボタン一つで3モード切替可能(強/パワフル/標準)。パワフルモード付きで、隙間や重たいゴミも強力吸引し、ゴミを逃しにくいです。1.バッテリ切れお知らせ機能付きLEDライト薄暗い場所等のお掃除に便利なLEDライト付き。バッテリ容量が少なくなった場合は点滅してお知らせします。2.奥の奥まで届き、真っすぐ立てやすいノズル床面に密着して浮かないのでソファーの下もラクラク。垂直に立ちやすいので、省スペースに置きやすく場所を取りません。▼マキタ 10.8V充電式クリーナー紙パック式 ワンタッチスイッチ CL107FD 仕様表吸込仕事率(W)パワフル:32 / 強:20 / 弱:5集じん容量(mL)ダストバッグ:500 / 紙パック:330電源スライド式Li-ionバッテリー直流10.8V-1.5Ah連続使用時間(min)[分]パワフル:約10 / 強:約12 / 弱:約25本機寸法(mm)(長さ×幅×高さ)960×112×150(パイプ、ノズル付)質量(バッテリー含む/ノズル・パイプ除く)(kg)1.1標準付属品抗菌紙パック(10枚)、ダストバッグ、ノズル、ストレートパイプ、サッシ(すきま)ノズルタイプ···スティック集じん方式···紙パックカラー···ホワイト
カテゴリー:家電・スマホ・カメラ>>>生活家電>>>掃除機
商品の状態:やや傷や汚れあり
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:らくらくメルカリ便
発送元の地域:東京都
発送までの日数:2~3日で発送

充電式クリーナ CL107FDSHW/株式会社マキタ
充電式クリーナー CL107FDSHW [紙パック式 /コードレス] マキタ
Amazon | マキタ コードレス掃除機CL107 紙パック式 標準25分稼働/充電
マキタのコードレス掃除機をレビュー! 掃除しすぎに注意するレベルの
充電式クリーナ CL107FDSHW/株式会社マキタ
cl107fdの通販・価格比較 - 価格.com

ニュースイッチで、キヤノンの生産戦略に関する御手洗CEOのコメントが紹介されています。

キヤノンが国内生産に回帰、御手洗CEOが明かしたその理由

  • キヤノンは2025年12月期までに事務機器を中心に高級機種の生産を国内に移管する方針だ。日本での生産比率を高めることで、サプライチェーンの安定化と円安時代に対応する。

    御手洗冨士夫CEOが日刊工業新聞の取材で明らかにした。「何か起きた時には国内の方が手を打ちやすい。主力製品を徐々に国内生産できるようにする」と述べた。

    海外生産しているのはカメラやプリンターをはじめとした事務機器など。カメラは既に高級機種を国内生産しているという。今後、事務機器でも高級機種を国内生産できる体制を構築する方向だ。

    キヤノンはフルサイズミラーレスカメラや半導体製造装置、個人用のレーザー・インクジェットプリンターの需要が好調。ただ、ロックダウンや部材不足、原材料高の影響で受注残が積み上がっている。国内生産回帰はそうした供給網の課題に対する施策の一つ。

 

数日前に、キヤノンが中国のカメラ工場を閉鎖して撤退するというニュースが流れましたが、この国内生産回帰の動きの一環だった可能性が高そうですね。国内生産への回帰で、カメラやレンズ等の供給不足が発生しにくくなるよう期待したいところです。