キヤノンがサプライチェーンの安定化のために国内生産に回帰する方針

【T-ポイント5倍】
 MONCLER モンクレール キッズ ダウンジャケット 12anni ジャケット/上着 【T-ポイント5倍】 MONCLER モンクレール キッズ ダウンジャケット 12anni ジャケット/上着
TRUE テンペン 香料 CBD CBN CBG 10ml アカプリコゴールド - by , 2022-09-06
4/ 5stars
二匹の猫用に毎月購入してます! リーズナブルでありがたいです。 商品も毎月すぐ届けて下さいます。 これからもよろしくお願いします。
♪森の工房♪ 【スネオ様専用】頭部管銀製ヤマハフルートYFL311Ⅱ Eメカ - by , 2022-11-10
5/ 5stars
ホワイト購入しました。 目立って可愛いのですがかなり重く、私の耳には(穴の位置の問題か)負担がかかりました。重みのせいで正面より少しかたむいてしまいます。
ちか様専用です‼️うちの子キーホルダー - by , 2022-08-23
3/ 5stars
普段は23.5をはいてますが、試着できないので一つ大きいサイズのLにしました。私はふくらはぎが太めなので、ブーツをはいた時は正直、きつかったですが足はゆとりがありました。 結構、作りがいいと思います^^
モンクレール ダウン キッズアウターの人気商品・通販・価格比較 , モンクレール(Moncler) キッズ 子供服 フード付き ダウンジャケット ホワイト 152CM 12ANNI, モンクレール ダウン キッズアウターの人気商品・通販・価格比較 , モンクレール ダウン キッズアウターの人気商品・通販・価格比較 , モンクレール 子供服(女の子)の通販 900点以上 | MONCLERのキッズ , モンクレール ジャンパー 子供 ジャケット/上着(男の子)の通販 25点

百貨店内MONCLERで購入しましたキッズダウンジャケットです。10回程使用。高級コースでのクリーニング後自宅保管。9、10枚目写真の通り、左右ポケットに糸の飛び出しがございます。ポケットの際に糸の緩みあり。その点を考慮しお安く出品させて頂きますので、その点にご理解頂ける方に。正規店購入なので、MONCLER店での修理も可能だと思います。【色】ピンク【サイズ】12anni 152㎝【素材】7枚目写真でご確認下さい。【付属品】ジャケットのみ。汚れ等の見落としがない様、心掛けておりますが素人検品の為、完璧な物を求められる方の入札はお控え下さい。中古品にご理解頂ける方に。コメントのやり取りの途中でも即購入の方を優先させて頂きます。配送はらくらくメルカリ便を予定しています。折り畳んで梱包しますので畳みしわが付く事をご了承下さい。
カテゴリー:ベビー・キッズ>>>キッズ服(女の子用) 100cm~>>>ジャケット/上着
商品の状態:やや傷や汚れあり
商品のサイズ:150cm
ブランド:モンクレール
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:らくらくメルカリ便
発送元の地域:広島県
発送までの日数:1~2日で発送

モンクレール ダウン キッズアウターの人気商品・通販・価格比較
モンクレール(Moncler) キッズ 子供服 フード付き ダウンジャケット ホワイト 152CM 12ANNI
モンクレール ダウン キッズアウターの人気商品・通販・価格比較
モンクレール ダウン キッズアウターの人気商品・通販・価格比較
モンクレール 子供服(女の子)の通販 900点以上 | MONCLERのキッズ
モンクレール ジャンパー 子供 ジャケット/上着(男の子)の通販 25点

ニュースイッチで、キヤノンの生産戦略に関する御手洗CEOのコメントが紹介されています。

キヤノンが国内生産に回帰、御手洗CEOが明かしたその理由

  • キヤノンは2025年12月期までに事務機器を中心に高級機種の生産を国内に移管する方針だ。日本での生産比率を高めることで、サプライチェーンの安定化と円安時代に対応する。

    御手洗冨士夫CEOが日刊工業新聞の取材で明らかにした。「何か起きた時には国内の方が手を打ちやすい。主力製品を徐々に国内生産できるようにする」と述べた。

    海外生産しているのはカメラやプリンターをはじめとした事務機器など。カメラは既に高級機種を国内生産しているという。今後、事務機器でも高級機種を国内生産できる体制を構築する方向だ。

    キヤノンはフルサイズミラーレスカメラや半導体製造装置、個人用のレーザー・インクジェットプリンターの需要が好調。ただ、ロックダウンや部材不足、原材料高の影響で受注残が積み上がっている。国内生産回帰はそうした供給網の課題に対する施策の一つ。

 

数日前に、キヤノンが中国のカメラ工場を閉鎖して撤退するというニュースが流れましたが、この国内生産回帰の動きの一環だった可能性が高そうですね。国内生産への回帰で、カメラやレンズ等の供給不足が発生しにくくなるよう期待したいところです。